読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶろぐめんどくさい

技術系の記事と漫画レビューが入り混じった混沌

数学の冒険。導出への道を彼女達と丁寧に辿る。『数学ガール』

夏休み。数学を軽く勉強しようかと『数学ガール』を読みました。

f:id:be116:20160907181646j:plain:w200

初めは、中学高校レベルの簡単な数学を感覚的に理解させてくれる読み物だと思ってたのですが、本当はちょっと違いました。『数学ガール』はかわいい女の子たちとちょっと難しい数学を丁寧に辿って理解していく読み物です。

本書のヒロイン、『数学ガール』は二人います。 『僕』に数学の驚きを教えてくれる才女ミルカさん。 『僕』の教え子、目がクリクリの小動物みたいな女の子テトラちゃん。

数学の驚き、 答えに辿り着く旅の地図、 地図にないシンプルな解法、 振動の本質、 微分の力。

これまでに学んだことが数珠繋ぎに答えを導いてくれる感覚。

ここまでわかりやすく刺激的にまとまっていると、 数学に対しての苦手が消えていくようにさえ思います。 最後の冒険は僕にとっては壮大過ぎて、 理解したとは言いがたいのですが。

そして、『僕』と『数学ガール』の物語。 図書室で2人だけでいい感じに数学に励んでいた『僕』とミルカさん。 その間に割って入るテトラちゃん。 テトラちゃんはわかりやすいくらい明らかに『僕』が好き。 ミルカさんと踊る『僕』。 テトラちゃんをプラネタリウムに連れて行く『僕』。 『僕』の気持ちはミルカさんに惹かれながらも、 テトラちゃんを意識し始めるし… ってなんだこのラブコメは!

エピローグが特にずるい。 結局『僕』はどっちの『数学ガール』を選んだのか。 肝心なところは想像で補わせる演出がにくい。

数学ガール』の感想をもっとかいつまんで言いましょう。 これは頭の運動をしながら、かわいい女の子にハスハスする読み物だ。