読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶろぐめんどくさい

技術系の記事と漫画レビューが入り混じった混沌

ハルロックはハルとロクとその他の変態が集まる電子工作に励む青春漫画「私と一緒に秋葉原」

漫画の感想

電子工作したいと思ったことありませんか? 勢いで買ったラズベリーパイ持て余したりしてませんか? ハルロックはそんな熱意を持て余すあなたに読んでもらいたい作品です。

f:id:be116:20160813161040p:plain

出来ドライバー心から、幼少期を分解魔として過ごした主人公、向坂晴。 大学生となった晴ちゃんは電子工作に夢中のいかした女の子になっていました。 どのくらいいかしてるかというとこのくらい。

f:id:be116:20160813162048p:plain:w300

「一緒に秋葉原私と一緒に秋葉原

などと友達を作りたい一心で友達候補を同志に導く晴ちゃん。 そんな彼女の周りにはいろんな変態が集まります。 天才小学生のうに先輩。高校生を電子工作沼に引きずりこむべく教師となった恩師の先生。大学の同級生の普通の女子達(圧倒的ぼっちと野球選手を婿にしたいおしゃれウーマン)。ストーカー(真下 六祐)。

この中でも一番強烈な変態であるストーカー、六君は電子工作の技術はいまいちながら晴ちゃん以上の変態です。 彼が変態たる由縁は彼の性癖にあります。

f:id:be116:20160813152948p:plain

「俺もはるちゃんに分解されたい」

鼻血を出しながら恐ろしいことを言う彼ですが、彼は彼なりに、彼の視点で晴ちゃん達のことを語ります。 その姿はどこか悲しげであり、詩的でもあります。

f:id:be116:20160813152938p:plain

「君も春ちゃんも、一過性でない夢中をもう持ってるんだね」

「それを持ってる人達は、たぶん誰よりも世の中の事を面白く感じる事ができる」

自分勝手な解釈ですが、この漫画のテーマはこの彼のつぶやきに集約されているといっても過言ではありません。 夢中になるものを見つけた彼女達とその後を追う彼、ハルロックはそんな青春をこれでもかと見せつけてくれます。

この記事に張り付けてある画像はすべて一巻のものです。 このように一巻には面白が集中しているのでぜひ読んでいただきたい。 僕はおかげでkindleで1~4巻全部買いました。 2000円を失いましたが後悔はありません。

というわけで総括です。

f:id:be116:20160813164927p:plain

「君も分解されたいと思ってるクチ?」

YES!!!