ぶろぐめんどくさい

技術系の記事と漫画レビューが入り混じった混沌

にっきとはこういうものだ

きょうはたのしかったです。

ツイートをプロフィールの一番上に固定する(for Android)

AndroidTwitterアプリからツイートを固定します。

手順1

f:id:be116:20170212112007j:plain:w300

手順2

f:id:be116:20170212112001j:plain:w300

手順3

f:id:be116:20170212111957j:plain:w300

これでツイートが固定されたよー!わーい! やったー!

f:id:be116:20170212111953j:plain:w300

ちなみにツイートはこれだよー!

ホームページつくったんだよー! すごいでしょー! たーのしー!

OpenMPIをGitHubからインストールする手順(for winBash, Ubuntu)

OpenMPIの最新版をインストールしたい。 tarなんちゃらをwgetするんじゃなくってGitHubからソースを引っ張ってきてインストールしたい。

環境は以下の通り。

環境 : Bash on Ubuntu on Windows

要はUbuntuと変わらない。

OpenMPIのリポジトリこちら。

https://github.com/open-mpi/ompi

インストールの詳細はルートディレクトリにあるファイルINSTALLに記述されている。

以下は、簡単なインストール手順。

  1. git clone https://github.com/open-mpi/ompi # ソースのダウンロード
  2. cd ompi #ディレクトリ移動 1../autogen.pl # configure生成
  3. ./configure --prefix=$HOME/usr# Makefile生成
    • (prefixを指定しない->usr/localに)
    • $HOME/usrを指定した理由 qiita.com
    • (flexがない->sudo apt-get install flex)
  4. make all install # インストー

サンプルを使って実行できるか試してみよう。

  1. cd exsample
  2. mpicc ring_c.c # コンパイル
  3. mpirun -np 4 ./a.out # 実行
mpirun -np 4 ./a.out
Process 0 sending 10 to 1, tag 201 (4 processes in ring)
Process 0 sent to 1
Process 0 decremented value: 9
Process 0 decremented value: 8
Process 0 decremented value: 7
Process 0 decremented value: 6
Process 0 decremented value: 5
Process 0 decremented value: 4
Process 0 decremented value: 3
Process 0 decremented value: 2
Process 0 decremented value: 1
Process 0 decremented value: 0
Process 0 exiting
Process 2 exiting
Process 3 exiting
Process 1 exiting

わーい!やったー!すごーい! このプログラムは『send a trivial message around in a ring 』するんだって! すごーい! ちなみにhello_cはエラーが出てコンパイルできなかったよ!なんでー? oshmem_*のコンパイルにはshmem.hが必要なんだってー!すごーい!

ちなみにMPIのバージョンは1.6.5。 バージョン確認にはompi_infoを使うよ。

ブログ書きたくない

おはようございます。今、Rubyを勉強しているところです。先日までpaizaでpythonを触っていたのですが、pythonは実行ファイルを公式には吐けないようなので、実行ファイルをはけるRubyに鞍替えしようかという腹づもりです。Ruby、使ってみると面白いですね。関数なのにかっこなしで実行できたり。poem.lines.to_a.reverse.joinなんて変数にたくさんの関数をつなげて書いたりできて楽しいです。linesの意味がよくわかりませんが。まあ、日本で開発された言語ですし日本語のコミュニティがしっかりしていることでしょう。そのくせオンライン教材が英語なのに腹が立ちますが。日本語化したサイトないんでしょうか。

あ、本題を忘れていました。今日私が書きたかったのはブログを書きたくないといった趣旨の記事でした。アブナイアブナイ。ついつい長々とRubyの話をしてしまいました。そうです。私はブログ書きたくないおじさんなのです。ついでにスライド作りたくないおじさんなのです。10分間も中身のない話なんてできないおじさんなのです。なのが多すぎなのだよ。ゲシュタルト崩壊

とまあ、こんな感じで頭が狂いだしたので、ブログ書きたくないくせにブログを書いて現実逃避しているんですよ。あーいやだいやだ。ブログなんてこの世からなくなればいいのに。(技術系の記事は除く)アフィリエイトで稼いでるやつらみんな一酸化炭素中毒で逝ってしまえばいいのに。

失礼しました。配慮のない発言であったことを各方面にお詫び申し上げます。なにも考えないと、適当なことしか言わなくなってまことに申し訳ありません。今後は、この反省をいかし、人を不快にさせるような発言をしないよう、口を縫って指を切り落とします。嘘です。いやです。そんな痛そうなこと。誰ですか。そんな猟奇的なことを考えたクロは。うぷぷ。

そんな私の頭では就活鬱がクラウチングスタートのポーズをとってうずうずしています。今か今かとスタートの合図であるパァンといったピストル音に全神経を集中しているところです。もうスタートしている方もいらっしゃるようですが、できるだけ苦しまず、なるべく早くゴールしたいものですね。マラソンは疲れるので、200M走も疲れるので、せめて50M走でお願いしますね。1M走でもいいですよ。

あーあー。ごろごろーごろごろ。就職しないで生きていけないかなー。なにもしてないのに、体面的にも金銭的にも余裕のある生活がしたいなー。あー。ごろごろーごろごろ。

こんな変なことばっかりつぶやくブログ、やっぱ書きたくない。(けど書く)

就活のためにpaizaはじめました

自分は18卒就活生です。

自分は今、自己分析なり、企業分析なりを淡々とやっています。 もうすでに面接に入られている方、内々定をもらっている方っているのでしょうか。 そんな人いたらうらやましいなーと思いつつ、日々を消化しています。

というわけで、就活のためにpaizaはじめました。 paizaはプロコン的なことをしてコーディング力を企業にアピールしようって就活サイトです。 ランクDからランクSまで問題が散りばめられているのですが、 2時間つかってランクCまでいきました。 ちなみにランクCは初心者級です。 誰でも解けます。 AtcoderビギナーコンテストA問題くらい簡単です。

プロコンではc++でコーディングするのが一般的ですが、今回はpython3の勉強を兼ねてpython3で頑張っています。

次の問題はランクB、中級らしく平均所要時間48分、2時間の猶予が与えられています。 1時間近く使うのかーと思いながら別スレッドで頑張っていこうかと思っておきます。

ちなみにpaizaはここだよ。

paiza.jp

以上、解散!

昨日ブログに書こうと思ってたことを今朝にはそこまでじゃなくなっている現象

昨日の話ですが、アイドルマスターのイベントに行ってきました。ライブビューイングなのに両隣の方のコールの完成度すごいなどれだけ聴き込んでんだとか、コールってどこで勉強するんだろうとか

、ライブビューイングで演者さんの名前叫ぶの勇気いるなその点両隣の人のライブ慣れ感すごいな、ふーといえーいの使い分けどうすりゃいいの、まだまだ知らない新曲がたくさんあってイマイチ乗り切れなかったなとか、ショッピングモールを歩くカップル死ねとかいろいろ思い、そうだ、俺みたいにライブ慣れしていない人を総称して「ぬるます」って呼ぼうとかいうブログネタを考えていただけど、んんんんん、今朝になってブログ書きたい欲が風前のともし火になっていました。

 

まあいいたいことはだいたい書けたのでいいんです。

 

でも、鉄は熱いうちに打てといいますか、ブログすぐ書け、なにも考えず書け、なんら気にせず書け、書け、喋るな書け、寝るな書け、さらば書け、と行った思いを心の中のインテグラ様が呟いたのでした。

bash on ubuntu on windows (buw) でpython3のためのmysql.connectorを導入するよ

次のコマンドを実行するだけ。

sudo apt-get install python3-mysql.connector

導入されていることを確認するには?

$ python3
Python 3.4.3 (default, Nov 17 2016, 01:08:31)
[GCC 4.8.4] on linux
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import mysql.connector
>>>